平成29年度 医療介護連携に関する意見交換会について

 

H29年度 医療介護連携に関する意見交換会について(報告)

 

1 テーマ   「医療介護連携について」

 

2 日 時   平成29年11月2日(木)

(意見交換会)18:30~20:00

(懇親会)  20:20~21:45

 

3 場 所   (意見交換会)川内文化ホール 第1会議室

(懇親会)  美さき笑店

 

4 参加者

(意見交換会)

講師3名、医師3名、看護師7名、訪問看護師9名、ケアマネ28名

退院支援担当者19名、地域包括4名、行政8名、その他2名、スタッフ5名

合計88名

(懇親会)

講師3名、医師3名、看護師2名、訪問看護師6名、ケアマネ13名

退院支援担当者10名、地域包括2名、行政7名、その他1名、事務局3名                                                 合計50名

 

5 内 容

【講演会】

①演題:「川内地域医療と介護の連携におけるアンケート調査結果」

講師:川薩保健所 健康企画課 技術専門員 栗野 孝子様

②演題: 「医療介護連携シートを活用した入退院時支援」

講師:居宅介護支援事業所ピア 主任介護支援専門員 古城 裕喜様

【グループワーク】

①演題:「医療介護連携シートの活用の現状と今後の具体策」について

進行:薩摩郡医師会 在宅医療相談支援センター室長 小丸 みさち様

6 まとめ

今回、医療介護連携シートについて川薩地域での活用状況などアンケート調査結果の報告や医療介護連携シートに記載されている情報について講演いただいた。医療介護連携シートの情報には、入院前の生活状況や本人、ご家族が望む過ごし方などの意向が記載されており、入院した時からその人の望む生活に向けた退院支援に活かすことができることなど必要性を知る機会となった。グループワークでは、医療介護連携シートを利用してもらっていることが知れて良かったという意見もある一方、シートを見たこともなく知らなかったという意見もあった。今後の対策として病院での仕組み作りを行い実際活用してみたいという意見も聞かれていた。

懇親会では、参加者同士が楽しい雰囲気の中で、顔の見える関係作りができた。